2012年度 委員会

 

奉連総委員会

【基本方針】

委員長 井浦 忍

青年会議所とは奉仕を通し自己を修練し、その修練を共にした仲間と友情を育むところです。どのような事業を行っていくのか、その事業を行う上でどのような壁を越えて行かなければならないのか、誰がどのような責任を持って実行していくのか、その事業を行いどのような結果になり、今後の事業にどう生かしていくのか、これらは各委員会で議論が交わされ、理事会へと上程されます。この中で、奉仕を通し自己を修練し友情が育まれてまいります。

当委員会は、社団法人新津青年会議所の理事会と意思決定を行う総会の設営を主に活動してまいります。どんなに良い事業であっても誰も知らなかったでは自己満足に終わってしまいます。各委員会と連携をはかり、WEB・メディア等を有効活用し、広報活動にも力を注ぐと共に、メンバーへの情報発信力向上を目的とした勉強会の開催を行います。

新公益法人制度改革については、2010年度に一般社団法人格移行を選択し、2011年度の準備から2012年度は実動に入ります。社団法人新津青年会議所も原点回帰の良い機会になると確信しております。メンバーへの情報共有をはかり、社団法人新津青年会議所の土台をしっかり支えて行きます。

【事業計画】

  1. 理事会の開催
  2. 総会(2月・7月・11月)の開催
  3. 1月例会(新年会)の開催
  4. 12月例会(卒業式)の開催
  5. 一般社団法人格移行への活動
  6. 広報紙の発行
  7. ホームページの運営・管理
  8. WEBを活用した情報発信勉強会の開催(公開委員会)
  9. にいつ松坂流しの参加協力
  10. 第6回にいつハロウィン仮装まつりの共催
  11. 他の委員会担当事業への協力・広報
  12. 2013プロジェクトへの協力
  13. 創立55周年事業への協力

愛響委員会

【基本方針】

委員長 青山 智樹

愛郷心、郷土愛、愛を響かせる愛響委員会は理事長スローガン(原点回帰)にもとづき、諸先輩方が築きあげてきた郷土愛を委員会メンバーと一緒に更なる進化をさせて継承していきます。

昨今、3・11東日本大震災、水害と日本全国各所で大災害があり、多くの方々の尊い命も失われました。未だ完全復興の兆しも見えない地域も多くあり、放射能汚染の収束もままならない状況です。そんな中、追い討ちをかけるように世界情勢も大きく変化している状況です。

時代が変わるとき人の意識が変わる。時代が変わるとき天災や情勢が大きく揺れ動くとある文献で見たことがあります。大震災の起きる前と今では人の心が大きく変化したように思えます。今までは自分たちだけが良ければいいと思っていた人が、誰かのために何かできることはないか、何かのために自分たちのできることはないか、今まで自分たちだけのことだけを考えてきた人たちの心に変化がでてきたように思えます。他人事が自分事と思える想いやり、分かち合い(分かち愛)、助け合い(助け愛)の精神が改めて芽生えてきたと思えます。これはJC三信条の一つである奉仕の心と合い通じるものを感じます。

失ったときに大切だった、昔は良かったと惜しむより、現状を受け止め、今から未来をより良く創造する心と身(からだ)を養い、家族のために、仲間のために、郷土のために、何でもいい、今自分にできることを少しでもいいから頑張れることから始め、継続していくことがこれからの時代を担っていく人達の役目と思います。

そこで本年度、我々委員会メンバーは、“何かのためにできること“のキッカケ創りの1つとして郷土愛を軸に新津から響かせる役目を担い一年活動していきます。

今年度は創立55周年記念式典の開催もあります。 創立55周年記念式典にも繋がる感動を提供できるような事業を展開していくために、他委員会メンバーへの協力も頭に入れながら、当委員会メンバーと共に助け合い(助け愛)、社団法人新津青年会議所メンバー皆と一緒に頑張っていきます。理事長と共に一緒に頑張りましょう。

最後に皆様からの智恵、御協力を頂戴することが多々あると思いますが、誠心誠意、愛嬌好くをモットーに頑張りますので、一年一緒に頑張りましょう。宜しくお願いいたします。

【事業計画】

  1. 3・11追悼事業の開催
  2. 郷土の宝・歌事業の開催
  3. 里山に関する事業の開催
  4. 川上杯への協力
  5. 第6回にいつハロウィン仮装まつりの共催
  6. 新潟ブロック協議会スポーツ事業のフォロー(ゴルフ大会)
  7. JC交流マスターズ(春・秋)の開催
  8. 他の委員会担当事業への協力
  9. 2013プロジェクトへの協力
  10. 創立55周年事業への協力

純愛!人材育成委員会

【基本方針】

委員長 五十嵐 純一

私が子どもの頃は、大自然の山や川を駆け巡る毎日でした。時には悪さをして、近所のカミナリ親父に怒られたものでした。その中で、善悪の判断、人としてのモラルを学び、かっこいい大人たちを見て、夢・目標を見つけ、一歩一歩自分の道を歩んできました。近年、他人の子供に無頓着な大人、我が子に関与しすぎる、逆に、しなさすぎる極端な親が多いように感じます。過去を今の世代に押し付けるつもりはありませんが、純愛!人材育成委員会は、我が子を育てるように、見返りを求めない純粋な愛で、子供たちや、秋葉区を担って行く次世代の人々に、かっこいい大人を目指した活動をしていきます。 「かっこいい大人」とは何でしょうか?

私は、同志と共に目的意識をもち、課題に真剣に向き合い、活動している大人たちも、その一つと考えます。「子は、親の背中を見て育つ」と言われます。JC活動・本業を通してその姿を示し、夢・目標に成るべく大人に、我々も共に育成していきましょう。必ず、10年、20年後、JC三信条(修練・奉仕・友情)を受け継ぎ、かっこいい人材が育つものと信じております。

今年度は、クリーン作戦を実施いたします。まずは、新津青年会議所メンバー全員が、同じ目的を持ち、顔を合わせ、情報交換し合える場を作りたいと思います。そして早起きをして、ボランティア活動に向かう、かっこいい大人を目指しましょう。

最後に、未熟者ながら、委員長という大役を仰せつかり、皆様にはご指導ご協力を頂くことがあるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

【事業計画】

  1. クリーン作戦
  2. 新津JCワンチーム事業の開催
  3. わんぱく相撲あきは場所の開催
  4. わんぱく相撲県大会及び全国大会の引率
  5. ビジネス系事業の開催
  6. 阿賀野川フェスティバルへの協力
  7. 新潟ブロック協議会スポーツ事業のフォロー(サッカー大会)
  8. 第6回にいつハロウィン仮装まつりの共催
  9. SCLOM5への参画
  10. 他の委員会担当事業への協力
  11. 2013プロジェクトへの協力
  12. 創立55周年事業への協力